国宝・重要文化財(美術品)
 主情報
名称 筑前吉武遺跡出土品
ふりがな ちくぜんよしたけいせきしゅつどひん


筑前吉武遺跡出土品《多鈕細文鏡》
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
員数 一括
種別 考古資料
日本
時代 弥生
年代
西暦
作者
寸法・重量
品質・形状
ト書
画賛・奥書・銘文等
伝来・その他参考となるべき事項
指定番号(登録番号) 00423
枝番 00
国宝・重文区分 重要文化財
重文指定年月日 1987.06.06(昭和62.06.06)
国宝指定年月日
追加年月日
所在都道府県 福岡県
所在地 福岡市早良区百道浜3-1-1
保管施設の名称 福岡市博物館 
所有者名 国(文化庁)
管理団体・管理責任者名


筑前吉武遺跡出土品《多鈕細文鏡》
写真一覧
地図表示
解説文:
吉武遺跡は福岡市の西部、早良平野を北流する室見川左岸の扇状地上に位置する。総数千二百基を越える弥生時代の甕棺墓、木棺墓が発見された。遺構としては多鈕細文鏡などの豊富な副葬品を伴う三号木棺墓(高木地区)、甕棺二十七基以上を検出した墳丘墓(樋渡地区)など、注目されるものがある。
このうち、今回指定するものは、樋渡、高木、大石の三地区から出土した甕棺・木棺墓の副葬品である。
関連情報
    (情報の有無)
  附指定 なし
  一つ書
  添付ファイル なし