国宝・重要文化財(美術品)
 主情報
名称 太刀〈銘真恒/〉
ふりがな たち〈めいさねつね〉

解説表示▶
員数 1口
種別 工芸品
日本
時代 平安
年代
西暦
作者 真恒
寸法・重量 刃長89.4 反り3.9 元幅3.5 先幅2.2 鋒長3.5 (㎝)
品質・形状 鎬造り、庵棟、重ね厚く、身幅広く、鋒猪首、刃長さ三尺におよび、腰反り高く踏張り強い。
鍛は小板目よくつまり、地沸細かにつき、刃文は小沸出来の小乱れに足葉入り、物打ちより…
ト書
画賛・奥書・銘文等
伝来・その他参考となるべき事項 「真恒」
指定番号(登録番号) 00023
枝番 00
国宝・重文区分 国宝
重文指定年月日 1912.09.03(大正1.09.03)
国宝指定年月日 1951.06.09(昭和26.06.09)
追加年月日
所在都道府県 静岡県
所在地
保管施設の名称
所有者名 久能山東照宮
管理団体・管理責任者名


解説文:
真恒は古備前はの刀匠と伝えるが、このような勇大豪壮な太刀は、名物大包平、重要文化財の利恒と共に、平安時代後期における一形態を代表するものである。
元和三年の遷宮時に将軍秀忠が当社に寄進したもの。
金梨地桐紋蒔絵の鞘に赤銅魚々子地金色絵桐紋散らし総金具の糸巻太刀拵が付属する。
関連情報
    (情報の有無)
  附指定
  一つ書 なし
  添付ファイル なし