国宝・重要文化財(美術品)
 主情報
名称 片輪車蒔絵螺鈿手箱
ふりがな かたわぐるままきえらでんてばこ
片輪車蒔絵螺鈿手箱
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
員数 1合
種別 工芸品
日本
時代 鎌倉
年代
西暦
作者
寸法・重量 縦27.3 横35.5 高21.0 (㎝)
品質・形状 錫の置口をつけた合口造の箱。表は沃懸地に螺鈿の片輪車を表し、付描をもって全面に波文を描く。蓋表は梨子中に巴文を散らし、身に車輪形銀製紐金物を打ち、内に菊花文金(銀)襴を…
ト書
画賛・奥書・銘文等
伝来・その他参考となるべき事項
指定番号(登録番号) 00099
枝番 00
国宝・重文区分 国宝
重文指定年月日 1931.03.14(昭和6.03.14)
国宝指定年月日 1953.03.31(昭和28.03.31)
追加年月日
所在都道府県 東京都
所在地 東京国立博物館 東京都台東区上野公園13-9
保管施設の名称 東京国立博物館
所有者名 独立行政法人国立文化財機構
管理団体・管理責任者名
片輪車蒔絵螺鈿手箱
写真一覧
地図表示
解説文:
鎌倉時代の蒔絵手箱の中でも、量感に富んだ器形、よく整った文様の逸品である。同種の意匠になる平安時代の国宝と比較すると、その時代の趣向の差違が見てとれよう。雲州松平家伝来といわれる。
関連情報
    (情報の有無)
  附指定 なし
  一つ書 なし
  添付ファイル なし