国宝・重要文化財(美術品)
 主情報
名称 木造愛染明王坐像
ふりがな もくぞうあみぜんみょうおうざぞう


木造愛染明王坐像
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
員数 1躯
種別 彫刻
日本
時代 鎌倉
年代 1256
西暦 1256
作者
寸法・重量
品質・形状
ト書 台座に建長八年四月一日、大仏師刑部法橋快成等の銘がある
画賛・奥書・銘文等
伝来・その他参考となるべき事項
指定番号(登録番号) 03319
枝番 00
国宝・重文区分 重要文化財
重文指定年月日 1977.06.11(昭和52.06.11)
国宝指定年月日
追加年月日
所在都道府県 奈良県
所在地 奈良国立博物館 奈良県奈良市登大路町50
保管施設の名称 奈良国立博物館
所有者名 独立行政法人国立文化財機構
管理団体・管理責任者名


木造愛染明王坐像
写真一覧
地図表示
解説文:
 本像は、台座の銘文や像内に納入されていた経巻奥書によって、建長八年(一二五六法橋【ほつきよう】快成によって製作され、願主は著名な西大寺叡尊の高弟寂澄であったことが解る。像高一尺に満たぬ小像であるが、本体はもちろん装身具や台座、光背の細部まで非常に丁寧に作られており、それらがまたほとんど造像時のままに完存している。鎌倉中期の技巧的傾向を代表する作品で、造立の事情も明確であり、当代の基準作例として貴重である。
関連情報
    (情報の有無)
  附指定
  一つ書 なし
  添付ファイル なし