国宝・重要文化財(美術品)
 主情報
名称 緋威五十二間四方白星兜
ふりがな ひおどしごじゅうにけんよほうしろほしかぶと
緋威五十二間四方白星兜
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
員数 1頭
種別 工芸品
日本
時代 南北朝
年代
西暦
作者
寸法・重量 鉢高13.2  鉢前後径22.1  鉢左右経20.1  (㎝)
品質・形状 兜鉢は鉄板矧合黒漆塗り、五十二間の星鉢で、鉄の無垢星を四十行打つ。一行は十九点ずつで、下端の一点は金銅星とする。四方白は、金銅地板を張り、前には三条の鎬垂を伏せ金銅星五…
ト書
画賛・奥書・銘文等
伝来・その他参考となるべき事項 伝大塔宮護良親王(不明~1335)所用
指定番号(登録番号) 00680
枝番 00
国宝・重文区分 重要文化財
重文指定年月日 1955.02.02(昭和30.02.02)
国宝指定年月日
追加年月日
所在都道府県 東京都
所在地 東京国立博物館文化庁分室 東京都台東区上野公園13-9
保管施設の名称 東京国立博物館文化庁分室
所有者名 国(文化庁)
管理団体・管理責任者名
緋威五十二間四方白星兜
写真一覧
地図表示
解説文:
鍍金総覆輪、金具廻錦包、紅糸威の華麗な兜で、形状よく整い、精緻な手法を駆使した兜である。鉢の技巧的な作りや笠形のしころ(革毎)、三鍬形台の菊枝紋鋤彫りなどから南北朝時代の作と考えられ、数少ない遺例である。
関連情報
    (情報の有無)
  附指定 なし
  一つ書 なし
  添付ファイル なし