国宝・重要文化財(美術品)
 主情報
名称 金銅牡丹唐草透唐鞍
ふりがな こんどうぼたんからくさすかしからくら

解説表示▶
員数 1具
種別 工芸品
日本
時代 室町
年代
西暦
作者
寸法・重量 鞍  :高28.8 前輪41.8 後輪46.0 居木幅11.0 居木長27.6
銀面:(1)長46.0 幅21.5 (2)長40.9 幅20.3
轡  :各鏡板径8.5 喰長23.6 引手長13.3 立聞長6.1 
雲珠:(1)高19.7 座径16…
品質・形状 鞍  :海無鞍、手形がある。木地黒漆塗、前後の輪の外面に鍍金牡丹唐草文透板を全面に張り、外縁に青貝微塵塗を施して覆輪とする。前後輪の中央に圧出鍍金牡丹文金物を打つ。居木の…
ト書
画賛・奥書・銘文等
伝来・その他参考となるべき事項
指定番号(登録番号) 00721
枝番 00
国宝・重文区分 重要文化財
重文指定年月日 1956.06.28(昭和31.06.28)
国宝指定年月日
追加年月日
所在都道府県 山口県
所在地
保管施設の名称
所有者名 住吉神社
管理団体・管理責任者名


解説文:
?、障泥は簡素であるが、鞍橋、雲珠などに古式の飾鞍の特色を伝えている。室町時代の唐鞍で遺例の少ない貴重な資料である。
関連情報
    (情報の有無)
  附指定 なし
  一つ書
  添付ファイル なし