国宝・重要文化財(美術品)
 主情報
名称 {朱漆角切盤/朱漆入角盤/朱漆擎子}
ふりがな しゅうるしすみきりばん/しゅうるしいりすみばん/しゅうるしけいし

解説表示▶
員数
種別 工芸品
日本
時代 室町
年代 長禄元
西暦 1457
作者
寸法・重量 角切盤:縦36.6  横36.6  高1.9
入角盤(大):縦39.6~39.7  横39.8~39.9  高1.9
入角盤(小):縦35.7  横35.9~36.0  高1.8  
擎子:径23.7  高さ4.1~4.4  台径2.1~2.2  …
品質・形状 角切盤は四角を削いだ通例の折敷形である。入角盤は大・小とも同形で、四角を内に刳り込んだ入角形とし、表面の周縁は細い縁を造り出し、裏面は四隅を低い刳形脚状に造り出し、四方…
ト書 長禄元年の寄進漆銘がある
画賛・奥書・銘文等 角切・入角盤の上面中央に「真清田」の透漆銘を、裏面中央には「長禄元年〈丁丑〉十月晦日 願主公範」の朱漆銘がある。 擎子には一枚を除き、上面に「真清田」の透漆銘、高台内には「長禄元丁〈願主/公範〉丑十晦日」の朱漆銘がある。
伝来・その他参考となるべき事項
指定番号(登録番号) 02524
枝番 00
国宝・重文区分 重要文化財
重文指定年月日 1989.06.12(平成1.06.12)
国宝指定年月日
追加年月日
所在都道府県 愛知県
所在地
保管施設の名称
所有者名 真清田神社
管理団体・管理責任者名


解説文:
 漆銘中の真清田とは尾張国一宮の真清田神社のことであり、当社における神前の供具として用いられたものである。
 根来塗と称される朱漆器は、主に中世以降に調度・飲食具類として多用されており、その遺存するものも数多い。その中にあって当社の朱漆器は、刳形脚を造り出し、反り止めを施すなど特色ある形態・技法を示す入角盤・擎子を含み、しかも作期・由緒を明確にし、かつ当社に纒まって伝存している。
 附の銅鋺・銅皿は盤・擎子より後代の寄進にかかるものであるが、盤と一具として用いられてきたものである。
 中世漆工芸史上の基準作例として、かつ神饌具の伝存極めて稀な一括資料として重要である。
関連情報
    (情報の有無)
  附指定
  一つ書 なし
  添付ファイル なし