国宝・重要文化財(美術品)
 主情報
名称 白地松鶴亀草花文繡箔肩裾小袖
ふりがな しろじまつつるかめくさばばなもんぬいはくかたすそこそで
白地松鶴亀草花文繍箔肩裾小袖 正面

写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
員数 1領
種別 工芸品
日本
時代 桃山
年代
西暦
作者
寸法・重量 身丈84.5 裄40.0 袖幅17.5 袖丈40.0 
前幅19.5 衿肩あき9.0 衿幅6.5 衽幅7.7 衽下がり9.5 衿下10.8  (㎝)
品質・形状 丈が短く童子用と考えられ、その形態は身幅が広いわりには袖幅が狭く、立褄も短く、袂の丸みは隅を折り畳んで糸で括っている。また表裏共白練緯地の袷仕立てで、表には、肩の前後お…
ト書 背裏に天正十一年の墨書銘がある
画賛・奥書・銘文等  (銘文)
 御舎利堂打敷方ヨリ□【(本)】供倉衞買得本供養法衆児之絹
 天正十一年〈癸/未〉卯月 日 本供沙汰人〈正應/訓英〉
伝来・その他参考となるべき事項
指定番号(登録番号) 02554
枝番 00
国宝・重文区分 重要文化財
重文指定年月日 1994.06.28(平成6.06.28)
国宝指定年月日
追加年月日
所在都道府県 大阪府
所在地 泉大津市織編館 大阪府泉大津市旭町22-45
保管施設の名称 泉大津市織編館
所有者名 泉大津市
管理団体・管理責任者名
白地松鶴亀草花文繍箔肩裾小袖 正面

写真一覧
地図表示
解説文:
 文様の配置は、四季草花と常磐文様が左右の片身替りとなっており、その繍技は裏抜きの渡繍によりおおらかで柔らかく、配色は紅がちな明るさを示すなど、形態を含めて総体に桃山時代の小袖類に共通する特色が豊かである。
 なお背裏に墨書銘があって、この小袖が寺に寄進された後に法会にともなう稚児の装束として転用されたという経緯、その時期(天正十一年・一五八三)が明記されており、この種の小袖類の数少ない基準作となっている。
 形態や用途・意匠・繍技とも桃山前期小袖の諸特徴が如実に認められ、かつ極めて希少な生な仕立ての童子用小袖、さらに作期がほぼ明らかな繍箔の基準資料としても重要な存在である。
関連情報
    (情報の有無)
  附指定 なし
  一つ書 なし
  添付ファイル なし