国宝・重要文化財(美術品)
 主情報
名称 紺糸威紫白肩裾胴丸〈大袖付/〉
ふりがな こんいとおどしむらさきしろかたすそどうまる
紺糸威紫白肩裾胴丸〈大袖付/〉
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
員数 1領
種別 工芸品
日本
時代 室町
年代
西暦
作者
寸法・重量 小札丈(衡胴) 5.7~5.85 同(草摺)6.6
前胴丈 23.0  草摺丈 28.1  袖総丈 43.0  杏葉丈 10.0 (㎝)
品質・形状 大袖、杏葉を具備した胴丸で、仕立ては胴立挙前二段、後三段、衡胴四段、草摺は八間五段下がり、大袖は七段下がり。小札は本小札の盛り上げ黒漆塗り、胴と草摺の二段までは鉄革一枚…
ト書
画賛・奥書・銘文等
伝来・その他参考となるべき事項
指定番号(登録番号) 02557
枝番 00
国宝・重文区分 重要文化財
重文指定年月日 1994.06.28(平成6.06.28)
国宝指定年月日
追加年月日
所在都道府県 宮崎県
所在地 宮崎県都城市早鈴町18街区5号
保管施設の名称 都城島津伝承館
所有者名 都城市
管理団体・管理責任者名
紺糸威紫白肩裾胴丸〈大袖付/〉
写真一覧
地図表示
解説文:
 所伝によれば、元亀二年(一五七一)、都城島津家(北郷氏)十代時久に従って鹿児島に出府した家臣の津曲兼広が、島津宗家の義久より拝領した胴丸という。
 この時期の胴丸としては珍しく後補の手が入っておらず、整った小札・威毛・金具廻りを有する仕立てを見せ、かつ大袖・杏葉を具備し、またほぼ作期が推定されるなど、胴丸の基準的遺例としても重要な存在である。
関連情報
    (情報の有無)
  附指定 なし
  一つ書 なし
  添付ファイル なし