国宝・重要文化財(美術品)
 主情報
名称 金葉和歌集(二奏本)
ふりがな きんようわかしゅう
地図表示▶ 解説表示▶
員数 2帖
種別 書跡・典籍
日本
時代 鎌倉
年代
西暦
作者
寸法・重量
品質・形状
ト書
画賛・奥書・銘文等
伝来・その他参考となるべき事項
指定番号(登録番号) 02388
枝番 00
国宝・重文区分 重要文化財
重文指定年月日 1982.06.05(昭和57.06.05)
国宝指定年月日
追加年月日
所在都道府県 東京都
所在地 東京都渋谷区東4-10-28
保管施設の名称 國學院大学
所有者名 國學院大学
管理団体・管理責任者名

地図表示
解説文:
 『金葉集』(十巻)は、源俊頼が白河天皇の勅命をうけて撰上した勅撰和歌集で、勅撰に至るまで、初度本、二奏本、三奏本と三度編纂された。この国学院本は、その二奏本の鎌倉時代古写本で、厚手の斐紙に雲母をひいた料紙の綴葉装冊子本。上帖には巻第一から巻第五まで、下帖には巻第六から巻第十を収めて本文は完存している。本文中には勘物、注記等が著しく、その内容は『金葉集』研究上に注目される。本文書風から鎌倉時代中期の書写と認められ、『金葉集』の現存最古写本として国文学史上に価値が高い。
関連情報
    (情報の有無)
  附指定 なし
  一つ書 なし
  添付ファイル なし