国宝・重要文化財(美術品)
 主情報
名称 続後撰和歌集〈上下/藤原為家筆〉
ふりがな しょくごせんわかしゅう
続後撰和歌集〈上下/藤原為家筆〉
写真一覧▶ 解説表示▶
員数 1帖
種別 書跡・典籍
日本
時代 鎌倉
年代
西暦
作者 藤原為家
寸法・重量
品質・形状
ト書 建長七年五月十六日書写奥書
画賛・奥書・銘文等
伝来・その他参考となるべき事項
指定番号(登録番号) 02406
枝番 00
国宝・重文区分 重要文化財
重文指定年月日 1984.06.06(昭和59.06.06)
国宝指定年月日
追加年月日
所在都道府県 京都府
所在地
保管施設の名称
所有者名 公益財団法人冷泉家時雨亭文庫
管理団体・管理責任者名
続後撰和歌集〈上下/藤原為家筆〉
写真一覧
解説文:
 『続後撰和歌集』(二十巻)は、後嵯峨院の勅命で藤原為家(一一九七-一二七五)が建長三年(一二五一)に撰進した勅撰和歌集で、本帖はその撰者為家が建長七年(一二五五)に書写した撰者自筆本である。
 体裁は綴葉装、表紙は藍紙の旧表紙で「續後撰和謌集〈上下/〉」と墨書外題がある。本文は「續後撰和謌集巻第一」と首題を掲げ、半葉九~十一行、和歌は一首一行書き、詞書は三字下げに書写している。文中にはまま墨書訂正がある。帖末には「建長七年五月十六日中風右筆懇終書写之功/特進前亜相戸部尚書藤原(花押)」と為家の書写奥書があり、ついで老筆で為家が記した校合奥書、および文永二年(一二六五)四月の子息為相への付属奥書があって、本帖が撰者為家の自筆本であること、その後為家が奏覧本と校合し、為相に譲与した証本であることを明らかにしている。『続後撰和歌集』は古写本の伝存少なく、本帖は伝存稀な撰者自筆本としてその価値が高い。
関連情報
    (情報の有無)
  附指定 なし
  一つ書 なし
  添付ファイル なし