国宝・重要文化財(美術品)
 主情報
名称 三鈷寺文書(十一通)
ふりがな さんこじもんじょ


三鈷寺文書(十一通)
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
員数 1巻・1幅
種別 古文書
日本
時代 平安~鎌倉
年代
西暦
作者
寸法・重量
品質・形状
ト書
画賛・奥書・銘文等
伝来・その他参考となるべき事項
指定番号(登録番号) 00032
枝番 00
国宝・重文区分 重要文化財
重文指定年月日 1978.06.15(昭和53.06.15)
国宝指定年月日
追加年月日
所在都道府県 京都府
所在地 京都国立博物館 京都府京都市東山区茶屋町527
保管施設の名称 京都国立博物館
所有者名 独立行政法人国立文化財機構
管理団体・管理責任者名


三鈷寺文書(十一通)
写真一覧
地図表示
解説文:
 三鈷寺は京都府京都市右京区大原野にある天台宗の寺院で、同寺文書の多くが明治の頃寺外に出たが、本文書は三鈷寺文書中、平安時代の文書が最もよくまとまっている。現装は十通が一巻とされ、寿永三年三月無動寺検校慈円譲状が一幅に仕立てられている。その内容は三鈷寺領山城国紀伊郡石原庄、京都府乙訓郡長岡庄、富坂庄の伝領関係文書で、立券あるいは雑役免等平安時代における三鈷寺領の成立、運営の実状を明らかにして注目される。
関連情報
    (情報の有無)
  附指定 なし
  一つ書 なし
  添付ファイル なし