国宝・重要文化財(美術品)
 主情報
名称 高松塚古墳出土品
ふりがな たかまつづかこふんしゅつどひん


高松塚古墳出土品
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
員数 一括
種別 考古資料
日本
時代 古墳
年代
西暦
作者
寸法・重量
品質・形状
ト書
画賛・奥書・銘文等
伝来・その他参考となるべき事項
指定番号(登録番号) 00335
枝番 00
国宝・重文区分 重要文化財
重文指定年月日 1974.04.17(昭和49.04.17)
国宝指定年月日
追加年月日
所在都道府県 奈良県
所在地 奈良文化財研究所飛鳥資料館 奈良県高市郡明日香村奥山601
保管施設の名称 奈良文化財研究所飛鳥資料館
所有者名 独立行政法人国立文化財機構
管理団体・管理責任者名


高松塚古墳出土品
写真一覧
地図表示
解説文:
 極彩色で彩られた絢爛たる装飾古墳の石室内から発見された一括遺物である。すでに盗掘されており、副葬品の全貌をうかがい知ることができないが、出土した主要な遺物には、葡萄唐草文【ぶどうからくさもん】と〓猊【さんげい】(獅子)、角獣をモチーフとした直径一六・八センチの海獣葡萄鏡(本誌48年11月号原色口絵参照)をはじめ、御物【ごもつ】と同じような銀荘唐様大刀の金具類、ガラス製小玉、漆塗の木棺を飾った径一〇・八センチの透し彫り金銅製金具などに優れたものがあり、壁画とともに貴重な文化遺産である。
関連情報
    (情報の有無)
  附指定
  一つ書
  添付ファイル なし