国宝・重要文化財(美術品)
 主情報
名称 石造須弥山/石造男女像/奈良県髙市郡明日香村飛鳥字石神出土
ふりがな せきぞうしゅみせん/せきぞうだんじょぞう
石造須弥山/石造男女像/奈良県髙市郡明日…
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
員数 1基/1基
種別 考古資料
日本
時代 飛鳥
年代
西暦
作者
寸法・重量
品質・形状
ト書 奈良県髙市郡明日香村飛鳥字石神出土
画賛・奥書・銘文等
伝来・その他参考となるべき事項
指定番号(登録番号) 00381
枝番
国宝・重文区分 重要文化財
重文指定年月日 1980.06.06(昭和55.06.06)
国宝指定年月日
追加年月日
所在都道府県 東京都
所在地 台東区上野公園13-9
保管施設の名称 東京国立博物館
所有者名 独立行政法人国立文化財機構
管理団体・管理責任者名
石造須弥山/石造男女像/奈良県髙市郡明日…
写真一覧
地図表示
解説文:
 飛鳥真神原の地から明治時代に出土したものである。曲水宴に関する遺品と推定され、両者とも導管を具えたある種の噴水装置をもち、曲水の汀を飾るにふさわしいものである。須弥山(総高二四一・〇センチ)は水中に起立する山岳を刻み、不老不死の神仙思想を表わし、男女像(総高一七五・〇センチ)では、相抱の姿を表わし、この組合わせは仙境に楽しむ古代の一理想の世界を示している。類例のない遺品であり、飛鳥時代の文化をみるうえに欠くことのできないものである。
関連情報
    (情報の有無)
  附指定 なし
  一つ書 なし
  添付ファイル なし