重要有形民俗文化財
 主情報
名称 野州麻の生産用具
ふりがな やしゅうあさのせいさんようぐ
野州麻の生産用具
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
員数 361点
種別 生産、生業に用いられるもの
年代
その他参考となるべき事項 内訳:栽培用具199点 生産用具162点
指定番号 00219
指定年月日 2008.03.13(平成20.03.13)
追加年月日
指定基準1 (二)生産、生業に用いられるもの 例えば、農具、漁猟具、工匠用具、紡織用具、作業場等
指定基準2 (三)地域的特色を示すもの
指定基準3
所在都道府県 栃木県
所在地 宇都宮市睦町2-2
保管施設の名称 栃木県立博物館 
所有者名 栃木県
管理団体・管理責任者名
野州麻の生産用具
写真一覧
地図表示
解説文:
 この資料は、栃木県のほぼ中央部にあたる鹿沼市周辺地域で麻の栽培と麻繊維の生産に使用された用具類を取りまとめたものである。この地域では江戸時代半ば頃から、麻の栽培が行われ江戸に出荷されていたことが知られ、特に江戸時代中期以降、現在の千葉県や茨城県の海岸地帯にも出荷され、鰯漁が盛んになった九十九里浜一帯での魚網の材料として需要が増えたといわれている。日本の代表的な麻の生産地である栃木県中央部における麻生産に関する用具が体系的に収集されている。
関連情報
    (情報の有無)
  なし
  添付ファイル なし