重要有形民俗文化財
 主情報
名称 阿弥陀寺の湯屋 附 旧鉄湯釜 旧鉄湯舟残欠
ふりがな あみだじのゆや つけたりきゅうてつゆがま きゅうてつゆぶねざんけつ


阿弥陀寺の湯屋
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
員数 1件 附2口
種別 信仰に用いられるもの
年代
その他参考となるべき事項
指定番号 00094
指定年月日 1972.08.03(昭和47.08.03)
追加年月日
指定基準1 (六)信仰に用いられるもの 例えば、祭祀(し)具、法会具、奉納物、偶像類、呪(じゆ)術用具、社祠(し)等
指定基準2
指定基準3
所在都道府県 山口県
所在地 防府市牟礼上坂本1869
保管施設の名称
所有者名 阿弥陀寺
管理団体・管理責任者名


阿弥陀寺の湯屋
写真一覧
地図表示
解説文:
 阿弥陀寺の湯屋は、重源により阿弥陀寺が建立された際に、建てられたといわれる施浴施設である。桁行10.53m、梁間4.5mで、桟瓦葺平屋建の覆屋をもつ。内部は、釜場と洗い場と脱衣室からなり、「取り湯」という施浴方法が毎年開山忌にあたる7月に行なわれてきた。
関連情報
    (情報の有無)
  なし
  添付ファイル なし