重要有形民俗文化財
 主情報
名称 長門の捕鯨用具
ふりがな ながとのほげいようぐ


長門の捕鯨用具
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
員数 140点
種別 生産、生業に用いられるもの
年代
その他参考となるべき事項 内訳:捕鯨関係用具34点 解体用具33点 加工用具9点 船関係用具17点 仕事着11点 その他36点
指定番号 00115
指定年月日 1975.09.03(昭和50.09.03)
追加年月日
指定基準1 (二)生産、生業に用いられるもの 例えば、農具、漁猟具、工匠用具、紡織用具、作業場等
指定基準2 (三)地域的特色を示すもの
指定基準3
所在都道府県 山口県
所在地 長門市通671-17
保管施設の名称 くじら資料館
所有者名 長門市
管理団体・管理責任者名


長門の捕鯨用具
写真一覧
地図表示
解説文:
 長門北浦沿岸では、古くから捕鯨が行われ、特に寛文・延宝頃(17世紀後半)から「網捕り」による鯨組が結成され、萩藩の保護を受けて我が国の代表的捕鯨地であった。この資料は、「網捕り」当時の捕鯨用具を中心に、捕獲、解体、加工、船関係、仕事着等にわたり網羅的に収集したものである。
関連情報
    (情報の有無)
  なし
  添付ファイル なし