重要有形民俗文化財
 主情報
名称 瀬戸内海及び周辺地域の漁撈用具
ふりがな せとないかいおよびしゅうへんちいきのぎょろうようぐ


瀬戸内海及び周辺地域の漁撈用具
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
員数 2,843点
種別 生産、生業に用いられるもの
年代
その他参考となるべき事項 内訳:網漁関係469点 釣漁関係599点 突漁関係58点 磯物捕採関係70点 海女・海士関係43点 漁具製作修理関係255点 船10隻 船関係108点 船大工関係340点 製造加工関係66点 運搬交易関係118点 信仰儀礼関係323点 服装・飲食関係174点 その他210点
指定番号 00127
指定年月日 1977.06.14(昭和52.06.14)
追加年月日
指定基準1 (二)生産、生業に用いられるもの 例えば、農具、漁猟具、工匠用具、紡織用具、作業場等
指定基準2 (三)地域的特色を示すもの
指定基準3
所在都道府県 香川県
所在地 高松市亀水町1412-2
保管施設の名称 瀬戸内海歴史民俗資料館
所有者名 香川県
管理団体・管理責任者名


瀬戸内海及び周辺地域の漁撈用具
写真一覧
地図表示
解説文:
 瀬戸内海は海況が複雑で、潮流の干満が激しく、瀬戸が各所にあり、古くから特色ある漁業が発達してきた。この資料は、瀬戸内海全域から紀伊水道・豊後水道におよぶ広域から収集したもので、海女・海士漁や磯採集用具をはじめ、突漁・釣漁・網漁など各種の漁撈法の用具をまとめている。
関連情報
    (情報の有無)
  なし
  添付ファイル なし