重要有形民俗文化財
 主情報
名称 金毘羅庶民信仰資料
ふりがな こんぴらしょみんしんこうしりょう


金毘羅庶民信仰資料
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
員数 1,725点
種別 信仰に用いられるもの
年代
その他参考となるべき事項 内訳:船絵馬37点 港湾等絵馬19点 和船模型41点 大漁旗282点 流し樽類129点 神札類375点 版木63点 その他68点 狛犬13対 燈篭668基 高燈篭1基 燈明堂1棟 鳥居10基 御手洗石槽6基 敷石・石段標石12組
指定番号 00139
指定年月日 1979.05.21(昭和54.05.21)
追加年月日
指定基準1 (六)信仰に用いられるもの 例えば、祭祀(し)具、法会具、奉納物、偶像類、呪(じゆ)術用具、社祠(し)等
指定基準2 (一)歴史的変遷を示すもの
指定基準3
所在都道府県 香川県
所在地 仲多度郡琴平町
保管施設の名称
所有者名 (宗)金刀比羅宮
管理団体・管理責任者名


金毘羅庶民信仰資料
写真一覧
地図表示
解説文:
 金刀比羅宮は、「讃岐のこんぴらさん」の名で親しまれ、江戸時代以来、広く庶民の信仰を集めてきた。この資料は、江戸時代以来、金刀比羅宮に奉納されてきたものを整理したものであるが、中でも金毘羅信仰が漁民や船乗りの間に特に篤かったこともあり、江戸時代以来の船絵馬・海難の絵馬・和船模型・大漁旗・流し樽などは注目されるものである。
関連情報
    (情報の有無)
  なし
  添付ファイル なし