重要有形民俗文化財
 主情報
名称 置賜の登拝習俗用具及び行屋
ふりがな おきたまのとはいしゅうぞくようぐおよびぎょうや


置賜の登拝習俗用具及び行屋
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
員数 830点、3棟、附14点
種別 信仰に用いられるもの
年代
その他参考となるべき事項 内訳:お籠り関係用具319点 登拝関係用具249点 行屋関係用具262点 行屋3棟   附 登拝関係記録14点
指定番号 00203
指定年月日 1997.12.15(平成9.12.15)
追加年月日
指定基準1 (六)信仰に用いられるもの 例えば、祭祀(し)具、法会具、奉納物、偶像類、呪(じゆ)術用具、社祠(し)等
指定基準2 (三)地域的特色を示すもの
指定基準3
所在都道府県 山形県
所在地 米沢市六郷町西藤泉71
米沢市丸の内1-2-1
保管施設の名称 農村文化研究所置賜民俗資料館・米沢市上杉博物館
所有者名 (公財)農村文化研究所
管理団体・管理責任者名 米沢市


置賜の登拝習俗用具及び行屋
写真一覧
地図表示
解説文:
 わが国の各地には生育儀礼や成人儀礼の一つとして山岳登拝を行う習俗がみられる。米沢盆地を中心とする置賜地方一帯では、数え年の13~15歳の男子が飯豊山に登拝することで一人前と認められる習俗が大正時代までみられた。これをお西詣りといい、これを終えるとお北詣りといって出羽三山にお詣りする習俗があり,これは戦後まで続いた。
 この資料は、お西詣り,お北詣りの登拝前にお籠もりして精進潔斎を行った行屋と登拝に用いられた用具類からなる。内訳は、お籠り関係用具、登拝関係用具・行屋関係用具・行屋・附登拝関係記録となっている。
関連情報
    (情報の有無)
  なし
  添付ファイル なし