重要無形民俗文化財
 主情報
名称 別府明礬温泉の湯の花製造技術
ふりがな べっぷみょうばんおんせんのゆのはなせいぞうぎじゅつ


別府明礬温泉の湯の花製造技術
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
種別1 民俗技術
種別2 生産・生業
その他参考となるべき事項
指定証書番号 419
指定年月日 2006.03.15(平成18.03.15)
追加年月日
指定基準1 (三)地域的特色を示すもの
指定基準2
指定基準3
所在都道府県 大分県
所在地 別府市明礬
保護団体名 明礬温泉湯の花製造技術保存会


別府明礬温泉の湯の花製造技術
写真一覧
地図表示
解説文:
 別府明礬温泉の湯の花製造技術は、大分県別府市の明礬温泉で江戸時代より行われている湯の花製造の技術である。
 この技術は、湯の花小屋という製造施設をつくり、その内部で噴気と青粘土を利用して湯の花の結晶を作り出す技術であり、製品である湯の花は薬として利用されたり、入浴剤として利用されてきた。
関連情報
    (情報の有無)
  添付ファイル なし