重要無形民俗文化財
 主情報
名称 鴻巣の赤物製作技術
ふりがな こうのすのあかものせいさくぎじゅつ


鴻巣の赤物製作技術
写真一覧▶ 解説表示▶
種別1 民俗技術
種別2 生産・生業
その他参考となるべき事項
指定証書番号 454
指定年月日 2011.03.09(平成23.03.09)
追加年月日
指定基準1 (三)地域的特色を示すもの
指定基準2
指定基準3
所在都道府県 埼玉県
所在地 鴻巣市
保護団体名 鴻巣の赤物保存会


鴻巣の赤物製作技術
写真一覧
解説文:
 この技術は、赤物と呼ばれる玩具を製作する技術である。赤物とは、桐のおが屑と正麩糊を練った生地を型に入れて成形し、赤く塗った獅子や人形で、タネと呼ばれる原型からカマガタ(釜型)と呼ばれる型をつくった後、生地抜き、乾燥、バリトリなど手間のかかる工程があり、胡粉塗りや赤塗りなどの彩色、組み立ての工程を経て完成となる。(※解説は指定当時のものをもとにしています)
関連情報
    (情報の有無)
  添付ファイル なし