重要無形民俗文化財
 主情報
名称 大津祭の曳山行事
ふりがな おおつまつりのひきやまぎょうじ


大津祭の曳山行事
写真一覧▶ 解説表示▶
種別1 風俗慣習
種別2 祭礼(信仰)
その他参考となるべき事項 公開日:毎年10月第二月曜日前の土・日曜日(※指定当時・お出掛けの際は該当する市町村教育委員会などへご確認ください)
指定証書番号
指定年月日 2016.03.02(平成28.03.02)
追加年月日
指定基準1 (一)由来、内容等において我が国民の基盤的な生活文化の特色を示すもので典型的なもの
指定基準2
指定基準3
所在都道府県 滋賀県
所在地
保護団体名 大津祭保存会


大津祭の曳山行事
写真一覧
解説文:
本件は,滋賀県大津市にある天孫神社の例祭で行われる曳山行事で,からくり人形を載せた曳山13基が曳き出され,町内を巡行する。祭りの初日は宵宮といって,各町内の会所で宵宮飾りが披露され,深夜に及ぶまで,付設した曳山上で囃子を奏し続ける。
翌日は本祭で,各町内から出た13基の曳山がいったん神社に集結し,籤改めと称し,巡行の順番を確認する儀式が行われたのち,次々と市街地へと出発していく。巡行の途次では,所望といって,30か所ほどある所定の場所で,曳山ごとにからくり人形の操作や粽撒きなどを行い,これをその都度繰り返していく。こうして,夕方には終着点に至ると,曳き別れと称し,各町内へと戻っていく。(※解説は指定当時のものをもとにしています)
関連情報
    (情報の有無)
  添付ファイル なし