重要無形民俗文化財
 主情報
名称 備中神楽
ふりがな びっちゅうかぐら


備中神楽①
写真一覧▶ 解説表示▶
種別1 民俗芸能
種別2 神楽
その他参考となるべき事項
指定証書番号 1
指定年月日 1979.02.03(昭和54.02.03)
追加年月日
指定基準1
指定基準2
指定基準3
所在都道府県 岡山県
所在地
保護団体名 備中神楽成羽保存会


備中神楽①
写真一覧
解説文:
 備中地方に行なわれる荒神信仰による採物神楽の一種であり、神殿【こうどの】と呼ばれる神楽の舞台を設け(神殿を設けない場合は民家の座敷を舞台とする)、そこで「役指」「猿田彦の舞」など、つづいて「天岩戸開きの段」「大国主命の国譲りの段」「須佐之男命の大蛇退治の段」など、さらに「剣舞」、「布舞」、「綱舞」、などの曲が演じられ、託宣も行なわれる(天岩戸開きの段」「大国主命の国譲りの段」「須佐之男命大蛇退治の段」は幕末に西林国橋が新様式に整えたものである。)
 採物神楽の一つとして地方的特色が顕著で重要なものである。
関連情報
    (情報の有無)
  添付ファイル なし