重要無形民俗文化財
 主情報
名称 竹富島の種子取
ふりがな たけとみじまのたんどり


ウマヌシャー
写真一覧▶ 解説表示▶
種別1 民俗芸能
種別2 その他
その他参考となるべき事項
指定証書番号 1
指定年月日 1977.05.17(昭和52.05.17)
追加年月日
指定基準1
指定基準2
指定基準3
所在都道府県 沖縄県
所在地
保護団体名 竹富島民俗芸能保存会


ウマヌシャー
写真一覧
解説文:
 沖繩では稲や粟の播種の行事を種子取りという。この種の行事はかつて各地にあったが、現在その形をよく残しているのは、この竹富島のものである。坡座間【はざま】、仲筋の両部落で行われ、祭りの七日目と八日目の二日間は、世持御嶽【ゆうむちうたき】の前で各種の芸能が演じられる。また初日には世乞【ゆうくい】と称し、踊子が各戸を訪ね踊る巻踊がある。
 さまざまの芸能があるが、鳥居の前で踊られるものには、「棒」「太鼓」「ジッチュ」「馬フシャー」「マミドウマ」「腕棒」などがあり、火の神の前の仮設舞台で演じられるものに、「長者」「みるく」といった面をつけて祝言をのべたりするもの、「鍛治屋」「種蒔」といった狂言、「さんぐるろう」などの踊、さらには雑踊や組踊までが演じられる。芸能的にも民俗的にも貴重な内容を含んでいる。
関連情報
    (情報の有無)
  添付ファイル なし