重要無形民俗文化財
 主情報
名称 保呂羽山の霜月神楽
ふりがな ほろうさんのしもつきかぐら


保呂羽山の霜月神楽
写真一覧▶ 解説表示▶
種別1 民俗芸能
種別2 神楽
その他参考となるべき事項
指定証書番号 1
指定年月日 1977.05.17(昭和52.05.17)
追加年月日
指定基準1
指定基準2
指定基準3
所在都道府県 秋田県
所在地
保護団体名 保呂羽山霜月神楽保存会


保呂羽山の霜月神楽
写真一覧
解説文:
 平鹿郡大森町波宇志別神社の十一月七日の祭りに行なわれる湯立【ゆたて】神楽の一種で、保呂羽山、御岳、高岡の三山の神霊を勧請して、神主家の神楽座において、古風な神事芸が徹宵して行なわれる。祭壇近くに二つの湯釜を置き、天井には種々の形の幣やしめ縄を張りめぐらす。まず神おろし、招魂、祝詞などの前行事の後、「五調子」「湯加持」「天道舞」「伊勢舞」「保呂羽山舞」などの曲がつぎつぎに舞われる。この芸能は湯立神楽として、組織が大きく、形式もよく整い、地方的にも特色あるものである。
関連情報
    (情報の有無)
  添付ファイル なし