重要無形民俗文化財
 主情報
名称 川俣の元服式
ふりがな かわまたのげんぷくしき
川俣の元服式
写真一覧▶ 解説表示▶
種別1 風俗慣習
種別2 人生・儀礼
その他参考となるべき事項 公開日:毎年1月21日(※指定当時・お出掛けの際は該当する市町村教育委員会などへご確認ください)
指定証書番号 1
指定年月日 1987.01.08(昭和62.01.08)
追加年月日
指定基準1 (一)由来、内容等において我が国民の基盤的な生活文化の特色を示すもので典型的なもの
指定基準2
指定基準3
所在都道府県 栃木県
所在地
保護団体名 川俣自治会
川俣の元服式
写真一覧
解説文:
 我が国には、古くから成年に達したことを社会的に承認するための儀礼をあげる慣例が広くみられた。川俣の元服式は、江戸時代末期以降、年々執り行われてきたと伝えられ、ナヅケ(名付け)、ナガエ(名替え)とも称される。現在は、数え年20歳の男子を対象として、地区公民館で実施され、オヤコ契りの交盃、サカナ料理の儀、祝芸の披露などが執り行われる。
(※解説は指定当時のものをもとにしています)
関連情報
    (情報の有無)
  添付ファイル なし