重要無形民俗文化財
 主情報
名称 安中中宿の燈篭人形
ふりがな あんなかなかじゅくのとうろうにんぎょう


安中中宿の燈籠人形
写真一覧▶ 解説表示▶
種別1 民俗芸能
種別2 渡来芸・舞台芸
その他参考となるべき事項
指定証書番号 1
指定年月日 1977.05.17(昭和52.05.17)
追加年月日
指定基準1
指定基準2
指定基準3
所在都道府県 群馬県
所在地
保護団体名 中宿糸繰燈篭人形保存会


安中中宿の燈籠人形
写真一覧
解説文:
 舞台は間口約七メートル、奥行約八メートルの掛小屋で、前方に約一・四メートルの勾欄幕をはる。人形は割竹の簡単な骨組に西ノ内紙の衣裳を着せる。
 人形の全長は六〇?九〇センチで、胴の中に回転式の豆カンテラをつける。この光が人形の胴を明るく浮き立たせる。開幕は口上読みの声から始まり、まず「三番叟」、つづいて「馬乗り小僧」(曲馬)、「俵小僧」、「清姫綱渡り」が糸操りで演じられる。安中に伝わる灯籠人形は人形芝居の一つで、独特の操法を有し、芸能の変遷の過程を示すとともに地域的特色を示す。
関連情報
    (情報の有無)
  添付ファイル なし