重要無形民俗文化財
 主情報
名称 秩父祭の屋台行事と神楽
ふりがな ちちぶまつりのやたいぎょうじとかぐら
秩父祭の屋台行事と神楽
写真一覧▶ 解説表示▶
種別1 風俗慣習
種別2 祭礼(信仰)
その他参考となるべき事項 公開日:毎年12月3日、6日(※指定当時・お出掛けの際は該当する市町村教育委員会などへご確認ください)
※この行事の神楽は、「秩父神社神楽」として昭和50年12月8日に記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財に選択されている。
※この行事で曳き出される笠鉾2基と屋台4基は、「秩父祭屋台」として昭和37年5月23日に重要有形民俗文化財に指定されている。
※この行事は平成28年に「山・鉾・屋台行事」の一つとしてユネスコ無形文化遺産代表一覧表に記載されている
指定証書番号 1
指定年月日 1979.02.03(昭和54.02.03)
追加年月日
指定基準1 (一)由来、内容等において我が国民の基盤的な生活文化の特色を示すもので典型的なもの
指定基準2
指定基準3
所在都道府県 埼玉県
所在地
保護団体名 秩父祭保存委員会
秩父祭の屋台行事と神楽
写真一覧
解説文:
 この行事は、秩父神社の例大祭で行われる行事であり、特に3日夜の笠鉾・屋台の曳行は、豪壮華麗を極め、「秩父夜祭」の名で親しまれている。当日曳行される2基の笠鉾と4基の屋台のうち、屋台では展開して舞台として歌舞伎芝居を上演される。お旅所までの曳行は、笠鉾を先頭に行われ、夜半に各町へ帰還する。また神楽は、3日と6日に神楽殿などで演じられ、関東一円に分布する江戸神楽とは異なる構成と芸統を示す。(※解説は指定当時のものをもとにしています)
関連情報
    (情報の有無)
  添付ファイル なし