重要無形民俗文化財
 主情報
名称 小河内の鹿島踊
ふりがな おごうちのかしまおどり


鹿島踊り演じ手
写真一覧▶ 解説表示▶
種別1 民俗芸能
種別2 風流
その他参考となるべき事項
指定証書番号 1
指定年月日 1980.01.28(昭和55.01.28)
追加年月日
指定基準1
指定基準2
指定基準3
所在都道府県 東京都
所在地
保護団体名 小河内の郷土芸能保存団体協議会


鹿島踊り演じ手
写真一覧
解説文:
 鹿島踊の名は、この芸能の最初に舞われる「三番叟」の歌詞〓鹿島大明神は―から出たともいわれ、「三番叟」は必ず番組の最初に舞われ、最後は「三拍子」で収めるのが定式となっている。演目には、「毬踊」「月は八幡」「こきりこ」「浜ヶ崎」「さんころりん」「小倉」「かくこう」「桜川」「念仏」を加えて十一曲が伝承されている。
 踊は、すべて女装姿の青年によって踊られ、囃子は、笛、太鼓(もとは鼓と三味線があったともいう)が下【した】方をつとめる。
 近世初頭の風流の小歌踊りの系脈を伝えているものであり、その踊り振りには初期歌舞伎踊の遺風が認められるなど、芸能史的に貴重な芸能であるということができる。
 もとは、西多摩郡小河内村で伝えられていたが、この地がダムで水没したため、移転した人々によって保存会が作られ、伝承されてきている。
関連情報
    (情報の有無)
  添付ファイル なし