重要無形民俗文化財
 主情報
名称 発光路の強飯式
ふりがな ほっこうじのごうはんしき


発光路の強飯式
写真一覧▶ 解説表示▶
種別1 風俗慣習
種別2 祭礼(信仰)
その他参考となるべき事項 公開日:毎年1月3日(※指定当時・お出掛けの際は該当する市町村教育委員会などへご確認ください)
指定証書番号 1
指定年月日 1996.12.20(平成8.12.20)
追加年月日
指定基準1 (一)由来、内容等において我が国民の基盤的な生活文化の特色を示すもので典型的なもの
指定基準2
指定基準3
所在都道府県 栃木県
所在地
保護団体名 発光路妙見神社青年部


発光路の強飯式
写真一覧
解説文:
 発光路の強飯式は、発光路妙見神社の祭り当番の受け渡しの儀式として行われているもので、氏子の扮した山伏と強力が、新太夫・古太夫の新旧の祭り当番をはじめ、氏子の人々に対して高盛飯を強いる行事である。日光責めの異名をもつように、日光修験の流れをくむもので、日光の輪王寺の強飯式や生岡神社の子供強飯式などと共通する内容ももつ。(※解説は指定当時のものをもとにしています)
関連情報
    (情報の有無)
  添付ファイル なし