重要無形民俗文化財
 主情報
名称 気多の鵜祭の習俗
ふりがな けたのうまつりのしゅうぞく
気多の鵜祭の習俗(鵜浦町を出発)
写真一覧▶ 解説表示▶
種別1 風俗慣習
種別2 祭礼(信仰)
その他参考となるべき事項 公開日:毎年12月16日(※指定当時・お出掛けの際は該当する市町村教育委員会などにご確認ください)
指定証書番号 1
指定年月日 2000.12.27(平成12.12.27)
追加年月日
指定基準1 (一)由来、内容等において我が国民の基盤的な生活文化の特色を示すもので典型的なもの
指定基準2
指定基準3
所在都道府県 石川県
所在地
保護団体名 気多大社、鵜浦町会
気多の鵜祭の習俗(鵜浦町を出発)
写真一覧
解説文:
 この行事は、能登半島に鎮座する気多大社で行われる行事で、鵜捕部という特殊な祭祀集団により行われる。七尾市鵜浦町鹿渡島から運ばれてきた鵜を神前で放し、とまると取り押さえて海岸で空に放つものである。この神前で放され、とまるまでの鵜の動きで豊凶を占うほか、道中、鵜の羽の色や動きで豊凶や天候も占うこともある。(※解説は指定当時のものをもとにしています)
関連情報
    (情報の有無)
  添付ファイル なし