重要無形文化財
 主情報
名称 能囃子方小鼓
ふりがな のうはやしかたこつづみ

解説表示▶
種別1 芸能
種別2 能楽
その他参考となるべき事項
認定区分 各個認定
指定年月日 1998.06.08(平成10.06.08)
指定基準1
指定基準2
指定基準3


解説文:
 能囃子方は、能楽の器楽を担当し、笛方、小鼓方、大鼓【おおつづみ】方、太鼓方で構成されている。能囃子方小鼓は、謡【うたい】の調子やリズムを調整する重要な役割を担っており、能楽を成立させる上で欠くことができない重要な技法である。小鼓方には、幸【こう】流、幸清【こうせい】流、大倉【おおくら】流、観世流の四流がある。
 能囃子方小鼓は芸術上特に価値が高く、芸能史上も特に重要な地位を占めるものである。
関連情報
    (情報の有無)
  保持者情報(保持者/芸名・雅号)
  団体情報 なし
  添付ファイル なし