重要無形文化財
 主情報
名称 鋳金
ふりがな ちゅうきん
蝋型吹分花器「北辛」 齋藤明
写真一覧▶ 解説表示▶
種別1 工芸技術
種別2 金工
その他参考となるべき事項
認定区分 各個認定
指定年月日 1993.04.15(平成5.04.15)
指定基準1
指定基準2
指定基準3
蝋型吹分花器「北辛」 齋藤明
写真一覧
解説文:
 鋳金は、金属を鎔解し、鋳型【いがた】に注入して器物を鋳造する金工技法であり、わが国では弥生時代以来の長い伝統を有する。伝統的な工程は、鋳型の造型、合金の配合、鋳込、着色仕上げ等から成り、鋳型の造型法によって、惣型【そうがた】、蝋型【ろうがた】、砂型【すながた】、込型【こめがた】等に分類される。
関連情報
    (情報の有無)
  保持者情報(保持者/芸名・雅号)
  団体情報 なし
  添付ファイル なし