重要無形文化財
 主情報
名称 鍛金
ふりがな たんきん
鍛金(田口壽恒)
写真一覧▶ 解説表示▶
種別1 工芸技術
種別2 金工
その他参考となるべき事項
認定区分 各個認定
指定年月日 1995.05.31(平成7.05.31)
指定基準1
指定基準2
指定基準3
鍛金(田口壽恒)
写真一覧
解説文:
わが国の伝統的な金工技術には、金属の展延性を利用する打物【うちもの】、鎚起【ついき】等と称する鍛金技法がある。その技法は、金属を鉄床【かなとこ】等の上に置いて、金鎚、木槌で打ちながら器物を成形するもので、その作業は、地金に亀裂を生じさせないように随時熱処理を加え、金属の展延性、柔軟性、弾力性を回復させながら行われる。この技法は、古くから仏具、武具、茶器等の制作に利用されてきた。
関連情報
    (情報の有無)
  保持者情報(保持者/芸名・雅号)
  団体情報 なし
  添付ファイル なし