重要無形文化財
 主情報
名称 木工芸
ふりがな もくこうげい
木工芸<もくこうげい>
写真一覧▶ 解説表示▶
種別1 工芸技術
種別2 木竹工
その他参考となるべき事項
認定区分 各個認定
指定年月日 1984.04.09(昭和59.04.09)
指定基準1
指定基準2
指定基準3
木工芸<もくこうげい>
写真一覧
解説文:
豊富な樹種に恵まれたわが国の木工芸は、弥生時代の鉄製工具の普及、古墳時代以後の大陸からの技術者の渡来等によって急速に発展し、正倉院の木工品は現代の木工芸にも大きな影響を与えている。その後、わが国特有の素材をいかした和風化が進み、近代には木工芸の各技術分野に名匠が現れ、わが国の工芸の重要な一部門として認められるようになった。木工芸には、指物【さしもの】、刳物【くりもの】、彫物【ほりもの】、挽物【ひきもの】、曲物【まげもの】等の技法があり、いずれも長期にわたる入念な工程を経て、素材の特色をいかした制作が行われている。
関連情報
    (情報の有無)
  保持者情報(保持者/芸名・雅号)
  団体情報 なし
  添付ファイル なし