記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財
 主情報
名称 西田のヨズクハデ製作技術
ふりがな にしだのよずくはでせいさくぎじゅつ


西田のヨズクハデ製作技術
写真一覧▶ 解説表示▶
種別1 民俗技術
種別2 生産・生業
その他参考となるべき事項
選択番号
選択年月日 2009.03.11(平成21.03.11)
追加年月日
選択基準1 (三)地域的特色を示すもの
選択基準2
選択基準3
所在都道府県 島根県
所在地
保護団体名 西田「ヨズクハデ」保存会


西田のヨズクハデ製作技術
写真一覧
解説文:
 西田のヨズクハデ製作技術は、島根県大田市温泉津町西田に伝承される、ヨズクハデと呼ばれる稲ハデを作る技術である。 ヨズクハデは、秋の収穫期に作られる。約6mの丸太4本を四角錐型に組んだ形を基本構造とし、高さ・幅ともに約5mに調整し、下の方から稲束を順序よく架けていく。立体的な構造をとるので安定性がよく、また、狭い面積でも効率的に稲を乾燥させることができ、ヨズクハデ1基で米5俵分の稲を架けることができるとされる。(※解説は指定当時のものをもとにしています)
関連情報
    (情報の有無)
  添付ファイル なし