記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財
 主情報
名称 北部九州の盆綱
ふりがな ほくぶきゅうしゅうのぼんつな


北部九州の盆綱(福岡県)
写真一覧▶ 解説表示▶
種別1 風俗慣習
種別2 年中行事
その他参考となるべき事項 公開期日:毎年8月中旬(※選択当時:お出かけの際は該当の市町村教育委員会にお問い合わせください)
選択番号
選択年月日 2019.03.28(平成31.03.28)
追加年月日
選択基準1 (一)由来、内容等において我が国民の基盤的な生活文化の特色を示すもので典型的なもの
選択基準2
選択基準3
所在都道府県 福岡県
所在地
保護団体名 特定せず


北部九州の盆綱(福岡県)
写真一覧
解説文:
北部九州の盆綱は,福岡県や佐賀県にわたって広く分布する盆の綱引き行事で,その多くは子供たちの行事として伝承されている。稲藁などで綯(な)った綱を曳いて地区内を巡ったり,綱を引き合ったりすることで,精霊などを慰め,あるいは送るものと伝えている。
行事の期日は,8月14日や15日,あるいは16日とするなど地域差があるが,いずれも盆中に行われる。盆が近づくと,各地では綱の製作の準備がはじまる。綱の素材は,稲藁やカズラ,マコモなどで,三つ編み状に綯われ,曳き手のために手綱を付す地域もある。近年は,大人が手助けしているところが多くなっている。作られた綱は,龍や蛇を模したものとされ,水神信仰との関係もうかがわれる。
行事の当日は,子供たちが綱を曳いて地区内を巡ったり,綱を引き合ったりし,その後で,地域によっては,使用した綱を土俵にして相撲を取ったりもする。綱を曳いての道行きでは,子供たちは沿道の家々から菓子や祝儀をもらうことも多い。行事が終わると,使用した綱を村境に捨てたり,海に流したりする。
関連情報
    (情報の有無)
  添付ファイル なし