記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財
 主情報
名称 岩川の弥五郎どん
ふりがな いわがわのやごろうどん
岩川の弥五郎どん
写真一覧▶ 解説表示▶
種別1 風俗慣習
種別2 祭礼(信仰)
その他参考となるべき事項 公開期日:11月3日,4日,5日(※選択当時・お出かけの際は該当の市町村教育委員会にご確認ください)
選択番号 625
選択年月日 2019.03.28(平成31.03.28)
追加年月日
選択基準1 (一)由来、内容等において我が国民の基盤的な生活文化の特色を示すもので典型的なもの
選択基準2
選択基準3
所在都道府県 鹿児島県
所在地
保護団体名 弥五郎どん祭り保存会
岩川の弥五郎どん
写真一覧
解説文:
岩川の弥五郎どんは,鹿児島県曽於市大隅町岩川に伝承される,大人形を繰り出す祭事のことで,南九州に顕著な浜下りの一つでもある。鎮守社の岩川八幡神社の秋の例大祭に伴って行われ,その年の山野の収穫を祝って感謝を捧げる祭礼である。
行事の内容は,大人形の組み立てとその巡行から構成される。触れ太鼓といって,深夜に若衆たちが「弥五郎どんが起きっどー」の掛け声とともに太鼓を叩きながら,組み立ての開始を地区中に触れ廻わる。その後,社殿内で組み立てがはじまる。竹籠状に編んだ本体を組み合わせ,衣装を着せ,最後に面を付けて完成となる。出来上がった大人形は社殿から境内へ出され,次いで弥五郎どん起こしが行われる。「弥五郎どんが起きっどー」の大声があがると,一気に立ち上げられる。大人形の高さは5mほどにもなる。
昼過ぎになると,浜下りとも称する巡行がはじまる。山上にある神社から御旅所まで行列を組み,太鼓隊,大人形,大傘,神輿,威儀物(幟や矛など)の順番で進む。大人形の曳き手は,子どもたちが中心で「ワッショイ,ワッショイ」と掛け声をかけながら歩く。一行が御旅所に着くと,休憩の後,再び神社へ戻る。そして,翌4日を挟んで5日には,神社の宮司らによる例祭があり,これがすむと大人形は解体されて終了となる。
(解説は選択当時のものです)
関連情報
    (情報の有無)
  添付ファイル なし