記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財
 主情報
名称 早池峰神楽
ふりがな はやちねかぐら


早池峰神楽(岳神楽‐五穀)
写真一覧▶ 解説表示▶
種別1 民俗芸能
種別2 神楽
その他参考となるべき事項
選択番号 1
選択年月日 1971.04.21(昭和46.04.21)
追加年月日
選択基準1
選択基準2
選択基準3
所在都道府県 岩手県
所在地
保護団体名 早池峰神楽保存会


早池峰神楽(岳神楽‐五穀)
写真一覧
解説文:
 稗貫郡大迫町の大償、岳の二地区に伝承される神楽で、もと早池峰山を霊峰として仰いだ山伏修験によって演じられた。明治以降、土地の人々の伝承するところとなり、現在では早池峰神社の八月一日の祭礼などに演じられる。又、歳末には民家の座敷を舞台にしても行われる。式舞、座外の舞、狂言などから成り、式舞には「鳥舞」「翁」「三番隻」など、座外の舞には「神舞」「女舞」「男舞」などの別があり、それぞれ多数の曲目を持っている。能楽大成以前の姿を暗示し、その演技、演出法には特色の著しいものがある。
関連情報
    (情報の有無)
  添付ファイル なし