記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財
 主情報
名称 遊佐のアマハゲ
ふりがな ゆざのあまはげ
遊佐のアマハゲ
写真一覧▶ 解説表示▶
種別1 風俗慣習
種別2 年中行事
その他参考となるべき事項 公開日:毎年1月1日(滝ノ浦)、3日(女鹿)、6日(鳥崎)(※選択当時・お出掛けの際は該当する市町村教育委員会などにご確認ください)
記録:『無形民俗文化財 遊佐のアマハゲ』(遊佐町教育委員会・昭和59年)
映像:『ナゴメハギとアマハゲ―秋田・山形の来訪神行事―』(企画歴博・協力文化庁・制作英映画社・平成9年度)
※この行事は、平成11年12月21日に「遊佐の小正月行事」として重要無形民俗文化財に指定されている。
※本行事は平成30年11月29日に「来訪神仮面・仮装の神々」の一つとしてユネスコ無形文化遺産代表一覧表に記載されている
選択番号 1
選択年月日 1979.12.07(昭和54.12.07)
追加年月日
選択基準1 (一)由来、内容等において我が国民の基盤的な生活文化の特色を示すもので典型的なもの
選択基準2
選択基準3
所在都道府県 山形県
所在地
保護団体名 遊佐のアマハゲ保存会
遊佐のアマハゲ
写真一覧
解説文:
 遊佐のアマハゲは、秋田県境に近い日本海沿岸に立地する女鹿・滝ノ浦・鳥崎に伝承されている小正月の来訪神の行事である。むら内の若者が、仮面を被り蓑をつけて神に扮し、太鼓うちや笛吹きなどの同行者を伴いながら各戸を訪れる。(※解説は選択当時のものをもとにしています)
関連情報
    (情報の有無)
  添付ファイル なし