記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財
 主情報
名称 足柄ささら踊
ふりがな あしがらささらおどり


足柄ささら踊-1
写真一覧▶ 解説表示▶
種別1 民俗芸能
種別2 風流
その他参考となるべき事項
選択番号 1
選択年月日 1975.12.08(昭和50.12.08)
追加年月日
選択基準1
選択基準2
選択基準3
所在都道府県 神奈川県
所在地
保護団体名 足柄ささら踊保存会


足柄ささら踊-1
写真一覧
解説文:
 神奈川県南足柄市の関本、福泉、雨坪、猿山、飯沢、狩野、中沼の各部落の神社境内で盆に踊られる。現地では盆踊と呼ばれているが、男女入りまじってのいわゆる盆踊とは趣きを異にし、かつては少女達だけが踊り、いまは婦人を中心にして踊られている。
 ビンザサラを鳴らし、小太鼓を打ちながら踊歌に合わせて優雅な振りで踊る。二本の扇を両手に一本ずつ持って踊る扇踊、扇を手拭に替えた手拭踊、踊子が小太鼓を打ちながら踊る太鼓踊、円陣を組んで踊る丸々踊があるが、二列の向立舞になったり、列になったり、輪踊になったりする踊形式があり、踊歌にも古風なものが残されている点が貴重である。
関連情報
    (情報の有無)
  添付ファイル なし