記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財
 主情報
名称 綾子舞
ふりがな あやこまい


綾子舞(下野)
写真一覧▶ 解説表示▶
種別1 民俗芸能
種別2 風流
その他参考となるべき事項
選択番号 1
選択年月日 1970.06.08(昭和45.06.08)
追加年月日
選択基準1
選択基準2
選択基準3
所在都道府県 新潟県
所在地
保護団体名 綾子舞保存振興会


綾子舞(下野)
写真一覧
解説文:
 柏崎市女谷黒姫山の麓の高原田、下野に伝承され、女谷の黒姫神社の祭礼(九月十五日)に演じられる。踊り、囃子舞、狂言の三種に分かれ、踊りには「小原木踊」「堺踊」「常陸踊」「こきりこ踊」など、囃子舞には「恵比寿舞」「大黒舞」「亀の舞」など、狂言には「海老すくい」「三条小鍛冶」「朝比奈」など三十余曲がある。特に踊りは長いたもとの振袖にだらりの帯、ユライと称する赤布を頭にかぶった少女(もとは青年の女装)の舞踊で、初期歌舞伎踊を知る上に重要であり、また囃子舞、狂言も芸能史的に価値が高い。
関連情報
    (情報の有無)
  添付ファイル なし