記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財
 主情報
名称 七尾の酒造習俗
ふりがな ななおのしゅぞうしゅうぞく
七尾の酒造習俗
写真一覧▶ 解説表示▶
種別1 風俗慣習
種別2 生産・生業
その他参考となるべき事項 記録:『酒造習俗Ⅱ(石川県)(無形の民俗文化財記録第51集)』(文化庁文化財部・平成19年3月31日)
選択番号 1
選択年月日 1982.12.21(昭和57.12.21)
追加年月日
選択基準1 (一)由来、内容等において我が国民の基盤的な生活文化の特色を示すもので典型的なもの
選択基準2
選択基準3
所在都道府県 石川県
所在地
保護団体名 特定せず
七尾の酒造習俗
写真一覧
解説文:
 七尾は、古くから港町として発展した地域であり、地酒造りも盛んに行われてきた。しかし、近年では機械化が進み、かつての手造りの酒造りの技術・習俗は希少になってきている。(※解説は選択当時のものをもとにしています)
関連情報
    (情報の有無)
  添付ファイル なし