記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財
 主情報
名称 武水別神社の頭人行事
ふりがな たけみずわけじんじゃのとうにんぎょうじ


武水別神社の頭人行事
写真一覧▶ 解説表示▶
種別1 風俗慣習
種別2 祭礼(信仰)
その他参考となるべき事項 公開日:毎年12月10日~15日(※選択当時・お出掛けの際は該当する市町村教育委員会などにご確認ください) 記録:『武水別神社大頭祭民俗文化財調査報告書』(平成22年・千曲市教育委員会)
選択番号 1
選択年月日 1986.12.17(昭和61.12.17)
追加年月日
選択基準1 (一)由来、内容等において我が国民の基盤的な生活文化の特色を示すもので典型的なもの
選択基準2
選択基準3
所在都道府県 長野県
所在地
保護団体名 武水別神社頭人行事保存会


武水別神社の頭人行事
写真一覧
解説文:
 この行事は、更埴市八幡の武水別神社で行われるとうや行事で、予め選出された5人の頭人が、1年間の諸準備、物忌生活を経て、新穀の餅を献供するものである。頭人は、10年間新穀の餅を献供し続け、最上位の大頭を勤めると「大頭筋」と称され、地域社会で高い家格を得た。東日本では珍しい古式のとうや行事である。(※解説は選択当時のものをもとにしています)
関連情報
    (情報の有無)
  添付ファイル なし