記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財
 主情報
名称 丹後の漁撈習俗
ふりがな たんごのぎょろうしゅうぞく
丹後の漁撈習俗
写真一覧▶ 解説表示▶
種別1 風俗慣習
種別2 生産・生業
その他参考となるべき事項 記録:『丹後の漁撈習俗』(京都府教育委員会・京都府立丹後郷土資料館・平成9年3月31日)
映像:『丹後の漁撈習俗』(企画歴博・協力文化庁・制作毎日映画社・平成10年度)
選択番号 1
選択年月日 1987.12.18(昭和62.12.18)
追加年月日
選択基準1 (一)由来、内容等において我が国民の基盤的な生活文化の特色を示すもので典型的なもの
選択基準2
選択基準3
所在都道府県 京都府
所在地
保護団体名 特定せず
丹後の漁撈習俗
写真一覧
解説文:
 この習俗は、丹後地方沿岸における漁撈に関する習俗である。この地域は、若狭湾西部に位置し、対馬海流が沖合を通り、その分流が湾内に環流するため、魚種が豊富で各種の漁法が営まれてきた。若狭湾に面した入江の多い海岸では、刺網や定置網による鰤漁、組織的方法による捕鯨などが行われ、外洋に面した沿岸では、磯見漁や海藻採取、飛魚刺網漁、沖合の釣漁が発達した。また、丹後町袖志では海女の潜水漁法も営まれた。このように、この地域は内湾と外洋の漁法が多様で、かつ複合的に伝承されてきた。(※解説は選択当時のものをもとにしています)
関連情報
    (情報の有無)
  添付ファイル なし