記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財
 主情報
名称 等覚寺の松会
ふりがな とかくじのまつえ
等覚寺の松会
写真一覧▶ 解説表示▶
種別1 風俗慣習
種別2 年中行事
その他参考となるべき事項 公開日:毎年4月第三日曜日(※選択当時・お出掛けの際は該当する市町村教育委員会などにご確認ください)
記録:『等覚寺の松会』(等覚寺の松会保存会・昭和52年)
   :『等覚寺の松会 一千年の伝統を紡ぐ』(苅田町教育委員会・平成5年3月)
※この行事は、平成10年12月16日に「等覚寺の松会」として重要無形民俗文化財に指定されている。
選択番号 1
選択年月日 1975.12.08(昭和50.12.08)
追加年月日
選択基準1 (一)由来、内容等において我が国民の基盤的な生活文化の特色を示すもので典型的なもの
選択基準2
選択基準3
所在都道府県 福岡県
所在地
保護団体名 「等覚寺の松会」保存会
等覚寺の松会
写真一覧
解説文:
 この行事は、白山多賀神社の神域(廃仏毀釈までは豊前六峰と呼ばれる修験道の拠点である等覚寺があった)で行われる五穀豊穣・疫病退散・国家安泰を祈願する行事で、かつては2月19日に行われていた。施主が大幣を神社に奉納し、神輿洗いをした後、松会に入り、獅子舞、田行事、鬼会、刀行事があり、最後に施主が大幣をもって柱の頂上に登り、頂上で大幣の幣串を切り落とす。(※解説は選択当時のものをもとにしています)
関連情報
    (情報の有無)
  添付ファイル なし