記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財
 主情報
名称 日向の焼畑習俗
ふりがな ひゅうがのやきはたしゅうぞく


日向の焼畑習俗
写真一覧▶ 解説表示▶
種別1 風俗慣習
種別2 生産・生業
その他参考となるべき事項 記録:『焼畑習俗Ⅱ(山梨県・宮崎県)(無形の民俗文化財記録第45集)』(文化庁文化財部・平成14年3月29日) ※この習俗に関する用具は、61年3月31日に「西米良の焼畑農耕用具」として重要有形民俗文化財に指定されている。
選択番号 1
選択年月日 1985.12.20(昭和60.12.20)
追加年月日
選択基準1 (一)由来、内容等において我が国民の基盤的な生活文化の特色を示すもので典型的なもの
選択基準2
選択基準3
所在都道府県 宮崎県
所在地
保護団体名 特定せず


日向の焼畑習俗
写真一覧
解説文:
 この習俗は、九州山脈の中心部に位置する宮崎県の山間地帯で行われてきた焼畑耕作をめぐるものである。稗・小豆・粟などの穀類を決まりの輪作方式で耕作する。作業は、山の小屋で寝泊まりして行われ、地域的特色が顕著なものである。(※解説は選択当時のものをもとにしています)
関連情報
    (情報の有無)
  添付ファイル なし