記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財
 主情報
名称 猿倉人形芝居
ふりがな さるくらにんぎょうしばい
猿倉人形芝居
写真一覧▶ 解説表示▶
種別1 民俗芸能
種別2 渡来芸・舞台芸
その他参考となるべき事項
選択番号 1
選択年月日 1996.11.28(平成8.11.28)
追加年月日
選択基準1
選択基準2
選択基準3
所在都道府県 秋田県
所在地
保護団体名 木内勇吉一座
吉田千代勝一座
鈴木栄太郎一座
猿倉人形芝居
写真一覧
解説文:
 猿倉人形芝居は、明治期に鳥海山麓の池田与八【いけだよはち】により工夫創始された人形芝居で、明治末期から昭和初期までは、全国を巡業するほど人気を博した。人形の操法は、人差し指と中指の間に首を挾み、左右の手で二体の人形を操る形式の指人形で、人形のセリフも人形遣いがこなす独得の様式である。
 演目は、講談などを元にした「段物【だんもの】」や、猿倉独自の「鑑鉄和尚【がんてつおしよう】」や「三番叟【さんばそう】」などがあり、いずれも人形甚句【にんぎようじんく】と呼ばれる民謡風の囃子にのせ、秋田弁の軽妙なセリフと曲芸的な演技を特徴とする。
 以上のように猿倉人形芝居は、地域的特色を有するとともに、近代の各地の観客の嗜好に合わせてその芸態を発展させたものであり、芸能史的にも貴重である。
関連情報
    (情報の有無)
  添付ファイル なし