記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財
 主情報
名称 会津の初市の習俗
ふりがな あいづのはついちのしゅうぞく
会津の初市の習俗
写真一覧▶ 解説表示▶
種別1 風俗慣習
種別2 祭礼(信仰)
その他参考となるべき事項 公開日:毎年1月中の決められた日(選択当時・お出掛けの際は該当する市町村教育委員会などにご確認ください)
映像:『会津の初市』(企画歴博・協力文化庁・制作桜映画社・平成14年度)
選択番号 1
選択年月日 1998.12.01(平成10.12.01)
追加年月日
選択基準1 (一)由来、内容等において我が国民の基盤的な生活文化の特色を示すもので典型的なもの
選択基準2
選択基準3
所在都道府県 福島県
所在地
保護団体名 特定せず
会津の初市の習俗
写真一覧
解説文:
 会津地方では、会津若松市の十日市、喜多方市の小荒井市、小田付市など年頭に市が立つ地域が多く、これらを初市といっている。初市では市神が祀られ、縁起物が売り出されてまちとむらの交流の場となり、またその年の吉凶を占う俵引きなどが行われる市もある。(※解説は選択当時のものをもとにしています)
関連情報
    (情報の有無)
  添付ファイル なし